ツアーで時間に余裕がある今回、小屋入り前にちょいと門司港へ。移動も小倉から10分くらいで山口と九州の県境の海が見えるという何とも素敵なプレゼンを、すっかり小倉マスター化してるさん(藤本)から聞いて2人で行く事に。天気もいいし晴れ渡った空に真っ青な広ーい海も絶景♪門司港レトロってなエリアはお土産屋さんも色々あって楽しい。店のおばちゃんが関サバの試食をさせてくれて、その美味さにビックリ!脂がのってて、もうね、あれはよく冷えたビールにぴったりやって。展望台を見つけて30階やったかな?エレベーターで上がってみると、関門海峡や街並みや海も空もぐるりと見渡せていい眺め。みたむー(三田村)もようやく合流して、昼ご飯に門司港名物焼きカレーを食べてみた。スパイシーなカレーの上にチーズがのって焼いてあるドリアっぽいけど、しっかりとカレー。普通のカレーとはまた違ってて、これもまたすんごい美味しかった♪ぼちぼち移動の時間になり駅へ。いろんな建物も門司港駅もタイムスリップしたような昔の懐かしい雰囲気が残っていて、まさにレトロやった。今度はゆっくりと行ってみたい。

 

門司港から小倉で乗り換えて、西小倉へ。劇場へは西小倉の方が近いみたい。電車からも見えてた目立つ黄色い大きなショッピングモールの建物の中に今回の北九州芸術劇場がある。小屋入り前に、同じ劇場関連企画の「げきじょうおばけ屋敷」へ。子供向けやし全然楽勝やろと思ってたら…これがもう大人でもしっかり怖い。劇場がオバケに乗っ取られたってので、役者のオバケやら舞台や客席やらと、もうね、きっとあれは演劇人やから余計に怖いんやと思う。役者3人共、ワーワー!キャーキャー!何でやねん!もうアカンやろ!と大阪弁丸出しでホンマええお客さんやったよ。無事に脱出すると、出口に役者やスタッフの皆さんも出てきてくれて、お互い一緒に盛り上がっていきましょうって事でご挨拶して、ウチらも劇場へ。同じフロアですぐそばにあるから、これはもう絶対、どちらもハシゴをオススメ!大阪や遠方からのお客さんは特に!どっちも全然違うオモシロさっす♪♪

 

小屋入りして、場当たりでしっかりと今回の劇場版のきっかけや諸々確認し、ゲネも無事終了。いつもより早めに劇場を出て、現地の劇場関係者も一緒に、皆で美味しいとオススメのお店「なべげん」へ。鶏なべや刺身を堪能♪やっぱどれもこれも美味しい!おばけ屋敷の話で盛り上がり岩崎さんにも超オススメすると、公演終わりで行ってみるって事に。こりゃ、感想が楽しみや!美味し楽しい宴も終わり皆でホテルへ。

 

さあ、日付変わって本日、北九州公演は初日で千穐楽!

 

ええ天気や!!今日も1日、北九州で盛り上がっていきまっせー!!

 

 

 

2015年に伊丹AIHALLで上演された作品が、今夏、全国7都市ツアーで再演決定〜!!

 

「とおのもののけやしき」

作・演出/岩崎正裕

 

出演/

三田村啓示(空の驛舎)

藤本陽子(DACTparty)

宮川サキ(sunday)

 

【とおののものけやしき・公演詳細】

 

 

【アイホール版・宣伝PV】

 

【舞台芸術情報サイト「ぱふぉ」掲載記事】

 

 

7月22日(土)・23日(日)

伊丹AIHALL<兵庫>

22(土)11:00/15:00

23(日)11:00

http://www.aihall.com/tono_29/

 

7月30日(日)

鳥取県立倉吉未来中心<鳥取>

30(日)10:30/14:00

http://cms.sanin.jp/p/zaidan/5/2/9/

 

 

8月5日(土)・6日(日)

三重県文化会館<三重>

5日(土)14時

6日(日)14時

http://www.center-mie.or.jp/bunka/event/detail/13978

 

 

8月12日(土)

北九州芸術劇場<福岡>

11:00/15:00

http://q-geki.jp/events/2017/toono/

 

 

8月19日(土)・20日(日)

長崎市チトセピアホール<長崎>

19日(土)14:00

20日(日)11:00

http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/191001/p029845.html

 

 

8月26日(土)・27日(日)

いわき芸術文化交流館アリオス<福島>

26日(土)14:00
27日(日)11:00

http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=02020

 

 

9月2日(土)・3日(日)

松山市民活動センター<埼玉>

2日(土)11:00/15:00

3日(日)14:00

http://www.pac.or.jp/event.html

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL