ツアー2つ目の山口編。山口は翌日に4038寄席もあって今回も焼酎亭メンバーと一緒の賑やかな旅。一人芝居に焼酎亭と連日盛りだくさんな予定で朝から晩までバタバタやったから遅ればせながらの山口編旅日記。

 

忙しい皆のスケジュール都合もあって、電車組と車組の2チームに別れて山口へ。ウチと焼酎亭ウーロンことともちゃんは電車組。早朝の新幹線に乗ってまずは広島へ。ともちゃんが色々とネットで調べてくれて広島までの新幹線が安く手に入った。そっから乗り継いで山口まで行く方が時間はかかるけど今までで一番安いルートやそうで財布にも優しく有難い。てな訳で、広島駅で降りて観光するかこのまま行くかちょいと作戦会議。荷物も多いし珍しく天気も雨なんで、乗り継いで山口へ向かおうって事になった。新岩国駅で下車。そこからバスに乗って錦帯橋へ。バスターミナルのコインロッカーに荷物を預けて身軽になって、まずは錦帯橋へ。急なアーチの橋は雨の中渡りにくいかと思いきや何層も重なった段差が低い階段で出来ていて、お年寄りでも無理なく渡れるくらい。橋から眺める景色は雨は雨でこれもなかなかいいもんで。渡りきるとTVでも話題になってたっていう「むさし」のソフトクリーム屋へ行ってみた。100種類を超えるソフトクリーム。ノーマルな味から、わさび、トマト、梅、ハバネロの実験的な味まで色々種類豊富。向かいの店に瓦そばの店「長州屋」も発見。山口のどこかで行きたいねと話していたから、ソフトクリームは食後のデザートにして、早速、「長州屋」へ。券売機で買うスタイル。テーブルには出汁のポットも置いてある。ジュージューと音を立てて熱々のデカイ瓦に乗った名物瓦そばがテーブルに運ばれてきた。自分の器に出汁を入れて、茶そばの上に乗ってる薬味のレモンともみじおろしを出汁に入れる。茶そばと具を一緒に出汁につけて食べる。瓦で焼かれた部分はパリパリしててかた焼きそばみたいな食感。他で食べた事のない味。こりゃ美味い!まわりで追加麺を注文してるお客さんもいた。他にも食べたい名物があるから追加麺は我慢して店を出る。向かいの「むさし」のソフトクリーム屋へ。1つは多いからけったいな味をシェアしようとともちゃんに提案するもハバネロやわさび味を全拒否されて一番マシそうなトマトを注文。思ったよりもトマトの主張なくミルクの奥の方にトマトがいるなって味やった。そこから更に奥の方へ。ロープーウェイで岩国城までいけるそうやけど雨だし時間も気にして断念。近くの公園をぷらぷらと散策。雨に濡れて緑が鮮やかで眺めもいい。公園内の「岩国白ヘビの館」にも入ってみた。白蛇に纏わる歴史に触れたり子供が遊べるゲームにムキになって遊んだり白蛇見たり金運上がればいいなーと思ったり。バスターミナルまで戻るとバスターミナルの上のお茶屋で錦帯橋眺めながら岩国寿司も食べれるって事で休憩がてら入ってみた。岩国寿司と一緒に名物のレンコンを使った練りもんやお吸い物もついたお膳で出てきた。名物の岩国寿司は見た目も味も大阪の押し寿司と似てて美味しい。食後のコーヒーも飲んで、ようやく落ち着く。これからの予定を立てて、やらなアカン事やらも打ち合わせ。雨もだいぶとマシになってきた。バスに乗って今度はJR岩国駅へ。そこからは在来線で移動。4038に一番最寄りの駅、櫛ヶ浜駅に到着。ちょうどタクシーも止まってて4038へ。タクシーの運ちゃんと瓦そばの話で盛り上がった。美味しい店も教えてもろた。ほいでも地元は福岡の人やそうで。気さくなええ運ちゃんやった。4038に到着すると真里恵ちゃんファミリーがお出迎え。娘のひなちゃんは大きなってお姉ちゃんになってたよ。真里恵ちゃんがチラシの挟み込み準備万端でテーブルに用意してくれてたんで、早速、皆で挟み込み。カフェ4038が劇場4038へ。真里恵ちゃん、ともちゃんと挟み込み慣れてるメンバー揃いやから手早く一瞬で終わった。晩ご飯は真里恵ちゃんが4038名物ダムカレーを作ってくれた。カフェでは先着5名しか食べれない手間暇かかったこだわりのカレー。カレーのルーを塞き止める雑穀米の中に新幹線に見立てたソーセージが刺さっていて、引っこ抜くとルーが流れ出る仕掛け。見た目だけやなくて味も絶品!カレー好きなら絶対好きやわ〜この味。食後は荷物の整理やら明日の準備やら。明日デビューの焼酎亭塩鯖こと真里恵ちゃんの稽古も見る。そりゃもともと達者な役者なもんで心配はしてなかったけど本人は初めての落語にドキドキ。芝居とは違うあれこれをアドバイスするも吸収も早い。これからが楽しみな塩鯖の落語。 仕事終わりの車組がようやく終電で待ち合わせして大阪を出発。焼酎亭紅茶ことみねさん、サングリアことののちゃんを乗せて、神無月こときりちゃんが長丁場の運転。GW真っ只中の車移動。きりちゃん、ホンマご苦労様!山口の1日目が終わる。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL