山口滞在3日目。今日も朝からええ天気。一人芝居の翌日の今日は焼酎亭「山口4038寄席」。朝から皆、それぞれ自分の時間で本番に向けての最終調整。10時にお囃子に参加出来る山口メンバーが来たって事で一回集まってのお囃子の稽古。去年は大阪のメンバーだけやったんが今年は山口の仲間も増えて賑やか。高座や客席の準備も出来てお客さんも続々とご来場。ウチは今日は裏方になっての盛り上げ役。前説とお囃子担当。前説で皆のハードルもしっかり上げてまずは昼席。サングリアは持ちネタが1本しかなかったから急遽、1本作っての落語講座的な噺。続いては、山口デビュー組の焼酎亭貴「かぼちゃ屋」落研で落語やってるって事でしっかり喋ってお客さんも笑ってくれてた。中トリは紅茶の持ちネタで狸が愛おしい「まめだ」。中入り後は神無月の新ネタとは思えない程はっちゃけてた「親子酒」。大トリがウーロンの切なくてキュンとくる「幾代餅」。お客さんもなかなか上方落語を生で楽しむ機会がないそうで喜んでもらえて、引き続き、夕席に残ってくれる人も。客出しが終わって、夕席に向けて皆もそれぞれ準備に。昼と夜、演目が変わるという事で、皆の脳ミソもしっかり切り替えて夕席のネタの最終確認。夕席トップは、山口デビュー組の塩鯖「鯖知らず」山口メンバーの焼酎亭水道水が塩鯖の名前にかけて作った創作落語。しっかりとしたお喋りで堂々としたデビュー。お次はサングリアの「おばあちゃんヘルプ」樋口ミユちゃんがののちゃんの為に作った創作落語。中トリはウーロンの十八番の持ちネタ女性版「ちりとてちん」。中入り後、紅茶の「故郷へ錦」紅茶が喋るからオモロイ噺。大トリは神無月「子は鎹」ホロリとさせる神無月によう合ってる人情噺。昼とはまた全然違った噺にお客さんも大いに笑って楽しんでくれてた。4038寄席にも地元のお客さん、遠征組の常連さん、福岡八女からみほちゃんもかけつけてくれた。今年も無事、4038寄席も盛況に終わった。紅茶ことみねさんはひと足お先に皆と別れて引き続き山口観光へ。打ち上げはあとの大阪組、山口メンバーも一緒に乾杯♪少しづつ山口もメンバーが増えてますますこれからが楽しみ!山口最後の夜は、ひなちゃんのリクエストで4038の前で花火をやった。皆でキャッキャ言いながら夜景を眺めながらの花火は綺麗でテンションも上がった。

 

山口滞在4日目の朝。車に荷物を詰め込んで、真里恵ちゃん親子にお見送りしてもらって、ともちゃん、ののちゃん、ウチも乗って、きりちゃんの車で3つ目のツアー地、福岡へ。

 

今年の山口もイロイロ盛りだくさんで楽しかったな♪また来年も来れるように頑張らなや〜よっし!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL