平日に大阪でやらなアカン事やっつけて、先週に引き続き週末の東京稽古へ。土曜早朝5時前には起きて伊丹空港へ。余裕持って到着したけど手荷物預かりが長蛇の列。お次の検査場へ行くと更に超長蛇の列で結局、時間ギリギリ。危ない危ない、、。東京に着いて劇場へ直行。今回は劇場の上の稽古場。他の作品が本番なので、楽屋も人人人。お邪魔にならないように荷物だけ置かせてもらって劇場を出た。時間までゆっくり出来る店を見つけてコーヒー飲んでひとまず落ち着く。昼まで台本しっかり読み倒す。稽古前に腹ごしらえって事で、劇場近くをぷらぷら歩いてご飯屋を探してみる。老舗の定食屋っぽい、キッチン南海。見るからに美味そうな店構え。学生や地元の人達が頼んでるのも気にしながら、チキンカツと豚の生姜焼きの定食を注文。さすが学生の街。ご飯が丼で出てきた。ボリュームが凄いのに安い。味も美味し!隣の兄ちゃんが食べてたカレーも美味そうやった。マスターも馴染み客とお喋りしてたり、店内にTVもついてて懐かしい感じの店内にゆったりほっこり。お腹も満足で稽古場へ。ざっと流すより小返しで細かく確認。新しい事も色々試してみる。ウチからの提案も取り入れてくれたり。まだまだ変化していく作品。演出のよっこんは、他の作品の本番の度に劇場に戻って終わって稽古場に戻っての繰り返し。役者も自主練に切り替えたりと時間を有効活用。とにかく何度も何度もシーンを返していく。夜ご飯はよっこんが抜けた間にさっと食べに行こうって事になり、さんと演助のエリちゃんと3人で西口の方へ。昼に色々見つけてた店の中の気になってたカレー屋LUCYへ。ルーの種類が色々あって悩む。ここも普通サイズでご飯が300gもあってえらいこっちゃな量。サラダセットはドリンクもついて+200円と安い。日替わりカレー注文。美味しやった!稽古場へ戻って稽古再開。夜公演が終わり稽古場から舞台稽古へ。スタッフ陣との打ち合わせ。ざっと場当たりも。ラストまでいけたところで時間切れ。

 

東京滞在2日目。昼前から稽古場での稽古。今日は夕方までと短時間。よっこんが来るまで役者と演助で昨日のおさらい。シーンの確認。よっこんが来てから気になったシーンを小返し。夕方から通し。ラストを変更した部分も何とか通った。まだまだ試してみたい。稽古終わりで「粛々と運針」を観劇。客席が満席という事で特設の2階席へ。上から観ると色々見え方が違う。通常の客席からは観れないだろう照明変化も魅入ってしまった。横山作品のあの独特な会話のやり取り。言葉のチョイス。どんどんと加速する会話のテンポ。作品はさすがの仕上がり。面白かった。けど、完全な客としては観れず。観ながら自分達の事も色々考えてしまう。終演後、全作品の出演者が揃ったという事で、劇場で交流会。各作品は少人数だけど、全作品ともなると役者陣だけでも凄い人数。初日が開いてないのはウチらの「梨の礫の梨」だけ。本番終わりの役者陣とはまだ熱量が違いすぎるけど、ウチらも負けずに上げていかなや。皆でワイワイ賑やかな宴やった。東京宿の年ちゃん家へ。焼酎亭の本番終わりの年ちゃんと話が尽きずうっかり夜更かし。

 

東京滞在3日目。数時間の仮眠で無事起床。早朝5時前には起きて羽田空港へ。飛行機の中では首取れるかと思うくらいぐったりと爆睡。神戸空港到着。別件の仕事で急いで大阪市内へ。1日気合いで何とか乗り切った。

 

今日からは、よっこん、さんが大阪へ来ての稽古。もう本番終わりまでぶっ通し!今週末、金曜が初日!ギリギリまでまだまだ仕上げていきたい。2018年版らしく、色々と変化してます。1人でも多くの人に観てもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL