渡し船 のりば


本州に渡る最後の橋はなく渡し船やった。

向島〜尾道
乗船賃 70円。

もちろん、チャリ付きの値段。

さあ、いよいよゴールは目の前♪


渡し船

渡し船






ノンストップで走り続けたから
さすがにどっかで休憩しようと
道の駅を探すがなかなか見当たらない。

やっと見つけた小さなスーパーでちょいと休憩。

ブログもまとめてアップした。

さあ、あとちょっと。

この島を走り抜けたら
ゴールの広島県尾道や!!




生口橋

生口橋を渡って因島へ。

橋を渡る時の登り坂はどこもキツイ。

そいでも今回はまだチャリから降りてない。

歩く速度でいいから
1つでも前に進もう。

焦らず。

抜かされてもいい。

自分の速度で進めば
ゴールには絶対着く。

因島で道に迷う。

途中まではあってた。

間違ったと気づいた時にはもう遅かった。

かなり登り坂もあったし
今から引き返したくない。

地図を見ながら別ルートの車道を突っ走った。

走ればいつかは絶対着くって信じて走った。

遠回りになったけど次の橋が見えた時は
すっげー嬉しかったよ。

次の島は向島。

因島大橋を渡る前の登り坂が
今までで一番キツかった。

サイクリングロードじゃなく
車道だから容赦ない登り坂。

もうありゃ、心臓破りの坂やね。

ゼー、ゼー、ハー、ハー、
吸っても吸っても息が入った気がしない。

あげくに太陽がガンガンに照りつける。

因島大橋
やっとこさ、橋の料金所に到着。

この因島大橋は車道が上で、
歩行者・自転車が下の二段になってる。

そう、初めての屋根付きの橋。

日陰だから涼しく楽に渡れた。



この橋を渡れば最後の島、向島。


因島大橋




多田羅大橋を渡った料金所から
ようやく広島県突入〜!

そいで、生口島上陸。

喜びを分かち合う間も惜しんで
そのままチャリで走り続けた。

カンカン照りつける太陽に疲労も重なって
「止まるとアカンな、走れるトコまで行こう!」

と、そっからはひたすらペダルを踏み込み
チャリで突っ走った。

それても容赦ない太陽光線が
肌をジリジリ焼きつけ体力をどんどん奪ってく。

買ったばかりのペットボトルの水も
すぐになくなりコンビニで2本目を買う。

千ちゃんがレモン味のグミをくれた。

ちょっと疲れが取れた気がして
もう2つもらって口にほりこんだ。

「よし、行こ!」

また、走り出す。

この島のサイクリングロードは良くない。

ガタガタの道がお尻に響いてちょっと痛いよ。

やっと、海が見えてきた。

次の島、因島や。




出発っ!.JPG

多田羅大橋 渡るぞっ!




いい天気♪

3日目。

朝6時くらいから蝉の大音量に起こされた。

今日もすこぶるいい天気。

いい天気♪
今、荷物の整理やら何やら身支度中。

昔ながらの民宿にお世話になった。

ええ天気♪
 海の家のような建物。

 映画『メガネ』の世界にも似た
 ほのぼのした時間。

ほいで、ここの大将がこれまたよく呑む。

夕方4時くらいから気がつきゃ夜遅くまで
ガッツリ呑んで喋って呑んで盛り上がった。

19年モノの自家製梅酒やら
変わったオリジナルカクテルやら
出てくる出てくる、酒、酒、酒!

大将はその昔、神戸で色んな店を出してたらしく
料理も海鮮の絶品フルコースやった。

たらふく呑んだのに二日酔いになってない。

大将ご自慢の酒はホンマええ酒やったんやな。

おかげ様で体調も万全。

さて、今から朝ご飯Time〜♪


ええ天気♪




大三島橋.JPG

次の島が海の向こうに見えてきた。

この大三島橋を渡れば
今日のゴールの島、大三島。

いいペースや♪

この調子で突っ走る!



オリンピックにのっかって
今回の挑戦、チャリンピックと命名。

絶対に金メダル取ってやる。

本当に闘わないといけないのは

誰でもない自分自身。

こりゃ、最強のライバル。

弱点を知り尽くされてる。

絶対におめぇーには
負けない。

絶対に完走してやる。


目指せ金メダル!

目指せ完走!!

名物・塩ソフト♪.JPG

伯方名物の塩で作ったソフト♪

さっぱりした味で美味いよ。




昼メシTime〜♪.JPG

伯方島の道の駅で昼メシTime中〜。

屋台でオムそば、たこ焼き、つくね買ったら
オマケでからあげつけてくれた。

ええ兄ちゃんらや♪

目の前の砂浜はお盆ってのに
わんさかの人だらけで賑わってる。

しかし、暑ぃ〜ね!